• ゴミあさりを防ぐためのカラス駆除

    集合住宅のカラスは無数に存在しているので、カラス駆除は非常に難しくなります。

    例えば、ごみ袋を黄色にして、中身が見えないようにしても、袋の口の部分からビニールがはみ出していれば、それを漁って食べ残しを食べてしまいます。カラス駆除は大きな音や光の反射で、危険な場所であることを認識させることが大切です。

    カラス駆除情報サイトの利用価値をご存知ですか。

    頭脳明晰な鳥なので、少しでもリスクがあれば、他の餌場を探します。

    頭の良いカラスは実はとても臆病な動物でもあるので、怖い思いをすると二度とその場所には近づきません。



    問題なのは、カラスが無数にいる場合です。音や光で撃退しても次から次へと他の個体が来てしまうようでは駆除できたとは言えません。


    物理的にカラス駆除をするには、目で見ることができない透明のテグス糸を使用する必要があります。

    畑などに侵入しようとするカラスは、見えない糸に引っかかって、怖い思いをすると近寄らなくなります。



    カラスは畑などで、熟した野菜や果物を食べてしまうので、出荷できないような作物ばかりになって、農家に大損害を与えることもあります。

    畑のように広い場所では爆発音で一度に多くのカラスを追い払ったり、光を反射するDVDなどをたくさんぶら下げたかかしを立たせておくと、一時的には効果があります。


    慣れてしまって、安全を確認すると、かかしを怖がらなくなりますが、爆発音を1日に数回鳴らすことで、農産物の被害を減らすことができます。

    この他にもスプリンクラーによる水撒きなどもカラス駆除効果が期待できます。