ペット保険の保険料はどのように決まってくるか

人間に対する医療保険のように、ペットが受けた医療に対して発生した費用を補償してくれるのがペット保険です。


現在では主に猫と犬、そしてフェレットやウサギと言った小型動物を対象としたペット保険が数多く販売されています。

その保険料を決定する事柄はいくつかあります。まずはペットの種類です。

特にこれは犬の場合に適用されることが多い事柄で、小型犬よりは中型犬、そして中型犬よりは大型犬の方が高くなる傾向にあります。


犬の体型に関しては、犬種によって決定されていることがほとんどです。

ですからたとえ実際の犬が小さく、体重がそれほどなかったとしても、それが大型犬に分類される犬種であれば、保険加入に際しては大型犬の扱いがされます。


それからペットの年齢です。
これはやはり、低い年齢よりは高い年齢のペットの方が病気が発生する可能性が高くなります。
ですから高い年齢のペットの場合には加入そのものが断られる場合もありますし、特に10歳を超えたペットの場合には、加入できたとしても保険料が高くなることが多くあります。

また既往歴や持病がある場合も、高くなる傾向にあります。

そしてペット保険の補償内容です。

たとえば補償範囲が治療、手術、通院、その全てに及んでいる場合には、その内のどれかひとつだけを補償範囲とするペット保険に比べれば高くなります。また補償される金額についても同様で、発生した医療費全額を負担してくれるものと、発生した費用の一部を補償する、または補償金額に上限が設定されているものとを比べれば、前者の方が高くなります。
飼い主としては、月々支払う保険料が気になるのは当然のことです。

しかしペット保険は、ペットに対しての医療を充実させるためにあるものです。

ですからその補償内容にもじゅうぶんに目を通したうえで、必要な時にはしっかりと頼りになる保険を選ぶことが求められます。

埼玉の保険全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。









http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170328/zuuonline_143385.html

http://okguide.okwave.jp/guides/64209

https://matome.naver.jp/odai/2145568285384316901

関連リンク

ペット保険を選ぶ際は、保険料にも注目してください

家族の一員として大切に育てているペットたちの万が一の場合に備えて、ペット保険に加入するご家庭が増えています。いざ加入しようと、さまざまな保険を検討・検討してみると、実際に必要とされる以上に、保険でまかなわれる補償内容が手厚いものを選びがちです。...

more

ペット保険の加入条件について詳細

我が子同然に愛情を注ぎ、育てている人も多いのがペットですが、病気やけがなどのために治療を受けた際には、その費用を支払ってもらうことができる保険に加入する人が増えています。こうしたペット保険はそれぞれ加入条件が定められているため、加入を検討している人は注意しておく必要があります。...

more