TOP > 結婚指輪の選び方

結婚指輪の選び方

夫婦となる二人が結婚式に夫婦の証として交換する指輪のことを結婚指輪といいます。
結婚指輪は一生身につける物のため、二人で納得した物を選ぶことが大切となります。

一般的な検討期間としては二ヶ月以上前から検討することをおすすめします。

すぐにできる物ではないですので、最低でも一ヶ月半前から検討することが大切で、セミ・フルオーダーとなるともっと時間がかかるためさらに前から検討する必要が出てきます。

お手軽さが魅力の名古屋の結婚指輪に関する有益な情報が満載です。

しかし、早めに準備をするほど選択肢は広がりますが、指の太さが変わってしまう可能性もあります。



時期によって納期が遅れてしまうこともあるため注意が必要です。
結婚指輪を選ぶポイントとしては、経過劣化やサイズ直しを考慮するなら2㎜以上の物がおすすめです。

幅もさまざまなサイズがあり指輪の印象を決定付けます。



製法も鋳造製法と鍛造製法があるため、メリットとデメリットを考慮して選ぶことをおすすめします。


さまざま選び方がありますが、結婚指輪を選ぶ場合に参考にすると良いのが素材です。

一般的なプラチナは耐久性や希少性などさまざまな面から優れています。

欧米ではカジュアル感があり、日常使いに適しているイエローゴールドがメジャーです。

ほかにも、ホワイトゴールドや女性に人気のピンクゴールド、価格を抑えたいという場合にはパラジウムや金属アレルギーの人でも身につけられるチタンなどが人気です。

さまざまな素材がありますが、メリットとデメリットを考え自分たちに合った物を選ぶことが大切です。